アスペ的女子におすすめの小旅行用スーツケースの比較ポイントを整理してみた

こんにちは、Camonneです。

久しぶりの投稿ですが、割と元気にしています。鬱で休職した2014年以来、初めて、海外に行こうと計画を立てています!

ふとしたきっかけから、ベトナムにいる知人に2泊4日で会いに行くことになりました。・・・しばらく旅行などしていなかったCamonne。スーツケースがありません!

ということで、買おうと思っていろいろ調べたので、ポイントなどをご紹介しますね!

スポンサーリンク
広告

スーツケースを選ぶポイントは?

スーツケースを選ぶポイントは、大きく以下の4点が挙げられると思います。

こだわる性格が出てきてくれて、衝動買いせず、しっかり比較検討しました。

  • 容量
  • 素材
  • キャスター
  • 値段

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

容量は・・・大は小を兼ねる!

Camonneは、今回は夏場の2泊4日なのですが、帰省するときにも使いたいと思ったので、少し大きめの35L程度で探しました。

基本的に、荷物を整理することが苦手な方が多いと思うので、容量は大きめに越したことは無いと思います。

泊数に応じたおすすめのスーツケースの容量

一般的には泊数に応じて、以下の容量がおすすめサイズです。

1泊:~25L
2~3泊:25~40L
3~5泊:41~60L
5泊~:61L以上

今回は、飛行機持ち込みサイズなどは気にせずに選びました。出張などでよく利用される方は持ち込めるサイズもチェックしたほうが良さそうですね。

スーツケースの素材を比較!軽いソフトタイプか、強度のハードか

スーツケースには布製のソフトタイプと、ポリカーボネート素材を使ったハードタイプがあります。

ソフトタイプは、軽量なのと、コンパクトに開閉できる点がメリットだと思います。ただ、中にワレモノなどを入れられないので、化粧品のボトルなどをそのまま持っていきたい場合には不向きかもしれませんね。

ハードタイプは、やはり強度の安心感がメリットだと思います。特に、開閉部分が金属のフレームタイプは頑丈で、相当乱暴に扱われても大丈夫そうですね。

最近流行っている拡張できるファスナータイプ

今回Camonneが調べていて気になったのが、開閉部分が布になっていて、必要に応じて拡張できるタイプのスーツケースでした。

旅行すると、お土産などで行きよりも帰りのほうが荷物が増えますよね。そんなときに、この拡張できるタイプはかなり便利じゃないかと思います。

帰省するときも、親から「(私の場合関西弁で)あれ持って帰り~、これ持って帰り~」といろいろ持たされるので、そういうときにも便利ですよね(笑)

ただ、注意しなければならないのは、強度が弱くなる点ですね。割れ物などを入れる場合は注意が必要だと思います。

スーツケースはキャスターが命!おすすめは日乃本社製

スーツケースにとって、「キャスター」はとても重要です。旅行中にキャスターが壊れたなんて。。。悲惨ですよね。

キャスターのポイントはいくつかあります。例えば、2輪か4輪、静音性、Wキャスター、交換可能かどうか、などなど。

ポイントが良くわからないな~、という方にとって、ひとつ、参考になるのが「日乃本」という日本のメーカーのキャスターかどうか、です。
ファスナーがYKKかどうか、ぐらいの超信頼度の高いキャスターのブランドなんですね!

https://www.ilrental.co.jp/caster-suitcase/

うっかりさんにはストッパーも重要だと思う

スーツケースを選ぶとき、キャスターが日乃本社製かどうかの他に、Camonneにとってはストッパーが付いているかどうか、も重要でした。

飛行機で移動する旅行の場合はそうでもないかもしれませんが、帰省で新幹線・電車を利用する際、2輪か、ストッパーはとても大事だと思うんですよ。駅のホームも雨水が貯まらないために僅かな傾斜がかかっていますからね。

うっかりスマホに集中しすぎてコロコロ転がっていくスーツケースを無視、なんてことを避けたいです。

4輪で探していて、スーツケースを手放しで自立させられる点でストッパーは、とても重要だと感じたのですが、意外とストッパー付きのスーツケースの数は少なかったです。また、まとめますね!

お値段

お値段は、人それぞれだと思うのですが、Camonneはスーツケースを消耗品だと考えて、1万円程度で予算を立てました。上を見ると、いくらでも欲しくなっちゃいますけどね(笑)

レンタルだと、3泊程度のスーツケースは5000円もしないで借りれちゃうので、今回だけ、とわかっている方はレンタルでも十分そうですね。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク