魅惑の胡蝶蘭テトラスピスC1がやってきた

テトラスピスC1

赤と白が官能的に絡み合うPhal.tetraspis “C1”

早速ですが、愛でる様子をご覧ください。

大型助っ人テトラスピスC1がやってきた

エースと控えに出会ってから、寝ても覚めても胡蝶蘭のことを考えていました。

エースをくださったお友達、蘭子さん(もちろん通称)と胡蝶蘭について語るのがとても楽しく、昼夜関わらずメッセンジャーでやり取りしていました。

彼女は、マイクロ胡蝶蘭→特売胡蝶蘭→原種、の順にハマったそうで、原種の魅力について特に熱く語ってくださいました。

それを聞いて、へぇーと思いながら原種について検索していたら、釘付けになった花があったのです。

phal. speciosa
Phal. amabilisの生息域と環境、花形態、カルス、葉、茎、根の特徴、変種、地域差、栽培管理、などを解説したページです。

めちゃめちゃかっこ良くないですか???

花によってその模様が異なる赤と白の組み合わせ。官能的。

園芸初心者の私は、心の奥底で「いつかこの品種を育てて花を咲かせよう」と固く誓ったのでした。

Phal.speciosa?Phal.tetraspis?phal.tetraspis “C1″?

この花を知ってから、栽培条件はどうか、日本国内で入手できるのか、売られているならいくらぐらいか、等をgoogleを駆使して調べまくります。

speciosaという品種名で調べていたのだが、なかなか思ったような情報が出てこず。

あまり情報がなく、あっても古い。そもそも、売られている気配が感じられませんでした。

ところが、ふと目に触れたサイトに、探し求めているものと同じ花があるではないですか。

“tetraspis C1”

これが、わたしの求めているものでした。

speciosaとtetraspisとの関係は、よく分からない。

書かれているものも読んでみたけど、よく分からない。

C1がなにかも、よく分からない。

でも、いいんです。

私が欲しい花は、Phal.tetraspis “C1″が正式名称のようでした。

ヤフオクで見つけた

愛でる。愛でる。愛でる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました