ツールなんて要らない!なぜなぜ分析で風呂嫌いを治そう!

「なぜなぜ分析」はとても有名な改善手法なので耳にしたことがあるかもしれません。
この手法、仕事でしか使わないのは勿体ないと思います。

目下の個人的な課題、「お風呂嫌い」を治すためになぜなぜ分析を活用してみました。

スポンサーリンク
広告

なぜなぜ分析とは?

世界を代表する企業、トヨタの製造現場で使われている改善手法です。

ひとつ不良やトラブルが発生したら、その出来事に対し5回なぜを繰り返し、その真因を突き止めます

真因を突き止めてピンポイントな対策を打つことで、二度と同じ不良やトラブルを発生させることを防ぎます。

素直に「なぜ」を繰り返す

様々なツールも開発されているのですが、今回は難しいことは置いておいて、シンプルに「なぜを繰り返す」ことを行いたいと思います。

人の失敗を受け入れる

仕事でこの手法を知ったのですが、私生活にも取り入れたいと思っている私が好きなポイントは「人の失敗を受け入れる」手法であること。

人は、必ず失敗をするものです。どれだけ習慣づけていても、お風呂に入るのが面倒くさくて入らない日なんて当然あります。
「必ず入りなさい」とどれだけ強く叱られても、人の気持ちや理性が介在する以上、入らない日は出てくるのです。

人がさぼる、ルールを守らないことを受け入れたうえで、失敗しない環境を作り出す、その考え方に私は強く共感しています。

お風呂嫌いの真因を探り出す

今回は「面倒くさいと感じること」にフォーカスを充てたいと考え、何が面倒くさいのか書き出してみました。

更に細かい原因一覧

シャワーのみで済ます場合です。

化粧を落とすのが面倒くさい
着替えを準備するのが面倒くさい
服を脱ぐのが面倒くさい
服を脱いだ後寒くてゾクッとするのがイヤ
シャワーヘッドからお湯が出るまで待たなきゃならないのがイヤ
シャンプーする時に髪が指に絡まるのがイヤ
シャンプー後の髪がきしむ感じがイヤ
トリートメントを馴染ませるのが面倒くさい
体を洗うための石鹸を泡立てるのが面倒くさい
顔を洗うための洗顔料を泡立てるのが面倒くさい
顔から洗顔料を洗い流すのが面倒くさい
体を拭くのが面倒くさい
服を着るのが面倒くさい
風呂場から出た後ゾクッとするのがイヤ
化粧水とかクリームとかなんちゃらオイルとかつけたりするのが面倒くさい(順番があるから)
髪の毛を乾かすのが面倒くさい

シャワーを浴びるプロセス順に書き出してみたのですが、我ながら呆れます。
書き出すのは初めての試みですが、これだけあるとは驚きます。
どれだけ面倒くさがりなのでしょうか。

今回は、例として、いくつかさらに深堀していこうと思います。

原因を深堀していく

では、これら「お風呂が嫌いな理由」の原因はさらに深いところにあります。
それを探っていきましょう。

主語を人にしない

深堀していくときの注意点があります。

それは、主語を人にしないこと

「私Camonneがぐーたらだから」を原因としたら、それ以上の原因を探り出すことが難しくなってしまいます。

出来る限り、物や環境が主語になるように意識してみましょう。

真因追及の例

化粧を落とすのが面倒くさい

→コットンが取り出しづらい
 →コットンが必要なクレンジング剤
  →肌に良いから使っている
   →化粧落とさないのだから意味ない
   真因:クレンジング剤が面倒な仕組みだった
      @Cosmeで評価が良かっただけ。化粧を落とさない方が肌に悪い。

着替えを準備するのが面倒くさい

 →クローゼットの前にマガジンラック等置いてあり邪魔
  →マガジンラックの置き場がそこしかない
   →マガジンラックとして使っていない、畳んで片付けておけばよい
   真因:マガジンラックが動線を妨げていた
 
 →クローゼットが寝室にあり、着替えを持って移動しなければならない
  →脱衣所に着替えの置き場がないから
   →脱衣所にタオルを置いているから
   真因:着替えを置いておく場所が遠かった
     タオルは全てを使っているわけではない、減らして着替えを置けるかも

ADHDを理由にしたくない

もうひとつ、なぜなぜを繰り返すときに個人的に注意していることがあります。

それは「ADHDを原因としないこと」。

ADHDの傾向があることで風呂が嫌いなのかもしれませんが、それを原因にしてしまうと次に進まなくなり何も改善が出来なくなってしまいます。

ADHDを理由に、より心地よい生活を志す意志まで手放したくはありません。

悪あがきでも克服したい

出来るだけ悪あがきして、でも、自分を責めないようにして、お風呂嫌いを克服したいと思っています。

他の、お風呂に関する記事は、こちらのカテゴリをご覧ください♪

風呂嫌いを治そう
お風呂嫌いを克服する個人的なプロジェクトです。気付いたこと、お風呂ハックなどをまとめていきます。