【不愉快注意】1週間に1回しかお風呂に入らないわたしが感じたお風呂のメリット

わたしはお風呂が嫌いです。
だから、「お風呂嫌いを治そうプロジェクト」と銘打って、いろいろ取り組んでいるところです。

一応社会人やってますが、つい最近も1週間に1回しか入らないことがありました。
最近改善してきてお風呂に入れるようになってきたので、お風呂に入ることでわたしが感じたメリットをここではご紹介します。

スポンサーリンク
広告

髪の毛ペッタリがデフォルト

以前のわたし、といってもつい1ヶ月ほど前ですが、普通に出勤する週にも関わらず、一週間お風呂に入らないことがありました。

ここでいうお風呂に入らないということは、シャワーも浴びないことです。

どうしてもお風呂に入るのが億劫で、「冬だから一日ぐらい」と先延ばししているうちに一週間経っていました。

汚い話で恐縮ですが、実はこんなことは日常茶飯事で、わたしの髪の毛はペッタリした状態がデフォルトでした。

汗ふきシートで間に合わせの対応

汗臭いだろ、というツッコミは正しいです。

自覚はしているので、汗ふきシートで匂いの強い部位は拭くことはします。

髪の毛もペッタリしているのはダメだと知っているので、前髪だけ朝洗って、ふんわりさせています。
それでも何日か洗ってないとふんわりすらしなくなるんですよね。(要らない情報)

最近は二日に一回ペース

ここ最近は、お風呂前の面倒な化粧落としをシートタイプに変えたり、洗顔を泡で出る商品にしたり、お風呂に入るタイミングを帰宅後すぐに変えたりして、どうにか二日に一回のペースを保っています。

お風呂に入るのはまだ億劫ですが、リズムが整ってきて以前より楽になってきました。

二日に一回というのは、お風呂が嫌いな自分自身と見出した冬の妥協ポイントです。
夏だと毎日入らなければならない、と思っています。

お風呂に入ることで得られるメリット

さて、こんなわたしがコンスタントにお風呂に入るようになってきて、感じたメリットを紹介します。

お肌の調子がいい

湯船にも浸かっているからでしょうか、お肌の調子が良い感じがしています。

冬なので感想は感じますが、以前よりマシになったような。

毛穴が掃除されて、油分バランスが整ってきたのかもしれません。

髪のボリュームが復活し始めた

以前は、シャンプーした後も、猫毛なので頭皮の根元から毛が立たず、ボリュームのない髪をしていました。
今も人に比べてボリュームは抑え気味ですが、ふんわり立つようになってきました。
シャンプーの回数が増えたので、頭皮が清潔になり元気になってきたのでしょうか。

人に話しかけやすくなった

いくら汗ふきシートで身体を拭いていても、「匂うんじゃないか」という不安はあるわけです。
人に話しかけたくなくて、仕事を先延ばしする理由にしていたことがありました。

今はその心配はほぼないので、劣等感も軽くなり、人に話しかけることを憂鬱に感じることが無くなってきました。

お風呂に入ろう

今回は、汚い話が多く、不愉快にさせてしまったかもしれません。
ですが、お風呂が嫌いな人が少しでもお風呂に入ろうかな、と思ってもらえたらと、あえて書いてみました。
ちなみに、1週間に1回も、汗ふきシートの話も全て三十代半ば女子の実話です。
ほんとすみません。。

皆さん、お風呂に入ろうね。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク