うつ病の原因はセロトニンって実は仮説なんだって

うつの原因はセロトニン不足が原因だという理論は、実はまだ仮説なのだそうです。
仮説とはいえ、今のうつ治療の大前提になっているのも事実のようですよ。

スポンサーリンク
広告

なぜうつになったか

私がなぜうつになったか。

仕事のストレスだとかきっかけを挙げればキリは無いんですが、
そんな外部環境によって「はたらきたくないよー」と脳が音を上げて、セロトニンが減ってしまったことによるものだと思っていました。

だから、セロトニンを増やすことに躍起になっていたこともあります。

ですが、実はセロトニンがうつ病の原因だ、ということは仮説なのだそうです。

セロトニン仮説=モノアミン仮説

1950年代、血圧を下げる薬や結核治療薬などにうつにさせる作用や抗うつ作用があったりすることが発見されました。
その薬に、セロトニンを減少させたり、ノルアドレナリンの濃度を高めたりするはたらきもあったのだそうです。

セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど神経伝達物質のことをモノアミンと呼びます。
そこで、モノアミンが減るとうつ病になるのでは、との仮説が出来たのだそうです。

セロトニンを増やさなければならない、という私の思い込みも、どこかで聞きかじったモノアミン仮説の解説だったのでしょう。

参考:
http://seseragi-mentalclinic.com/monoaminetheory/

仮説に基づいた薬も多い

うつの薬はSSRIやSNRIと言われるものがあります。

SSRIは脳内のセロトニンの吸収を防いで濃度を高くする働きがある薬です。
SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの吸収を防いで濃度を高くする薬です。

これらの薬は、モノアミン仮説に基づいたものなのですね。

仮説といっても一因なのは確か

仮説と知って、SNRIが効いたと思っていたのはプラシーボだったのかと最初は驚きました。

ところが、誰も証明したことが無いから仮説なだけであって、うつ病の一因であることは間違いないと考えられているようです。

ただ、複雑な身体の働きですから、モノアミン仮説だけでうつ病を説明することも困難とのこと。

抗うつ剤で効果があるのは3人の内2人だそうです。
私は意外と効果が多いと思いましたが、どう思いますか?

これは、素人のわたしの考えですが、効果のない1人はうつではない可能性もあるのではないでしょうか。
ドイツでは初診でうつと診断されていた40%が実は双極性障害(躁うつ病)だった、という研究データもあるようです。

はっきりしているのは脳の病気であること

うつ病は「心の病」と言われています。
ところが、モノアミン仮説や最新の研究から、うつ病は「脳の機能不全による病気」である、と言われ始めています。
人格に原因があるのではなく、治る可能性があるということですね。

セロトニンを自力で増やすのは難しかった

余談ですが、セロトニンを増やせないか調べたとき、「規則的な生活」や「太陽の光を浴びる」「適度な運動をする」などが出てきました。
うつの症状が出ているときにこんな生活をするのは至難の業ですよね。

そのときはまだ薬の効果が感じられずうつ病かどうかも半信半疑だったので何を頼っていいか判っていませんでした。
結局大した対策も出来ず寝てるだけの生活が続きました。

参考文献