調子を可視化!グラフで分かり易いセルフモニタリングシート作ってみた

こんばんは、復職して半年経って少し自己管理を怠りがちなCamonne(カモンヌ)です。

記録が楽でグラフ化したセルフモニタリングシートをexcelで作成したので、シートの機能紹介と作ろうと思った経緯を書きます。

最後にはダウンロードできるようにしてありますので、興味のある方は使ってみてくださいね。

スポンサーリンク
広告

Camonne流セルフモニタリングシートの紹介

セルフモニタリングシートの機能を説明しますね。

体調や心理状態をグラフ化

体調や心理状態をグラフ化して、日々どう変化しているか視覚で判るようになっています。

Camonneの場合は体力・やる気・集中力の状態を記録したかったので、デフォルトではその3項目を5点満点で評価するようにしました。
15点満点が最高点で今日の評価をするのですが、点数化することで昨日に比べてどうなのか、一昨日と比べてどうなのか、連続的な流れを感覚的に知ることができます。

ズボラーの中野さん
項目は変更可やでー!

なぜ調子が良かったか?も判る

グラフのすぐ下にその管理項目の欄が3つあります。

例えば、服薬を管理項目にすれば、その薬を飲んだ日、その翌日がどんな調子だったかが一目で判るようにしてあります。

先ほど説明した体調や心理状態は、いわば「結果」です。

画像の例だと、エビリファイを飲まなかった翌日は調子が出なかった、ということが判りますよね(これはあくまでもサンプルです)。

過程と結果を関連付ける

Camonneは、体調や心理状態は、それまでに食べた物(薬も含む)とどう過ごしたかの結果じゃないかと考えています。
もちろん、外部要因は無数にあるので、算数の様に1+1=2と結論を出すことが無理なのは判っています。
ですが、激しい運動をした翌日に筋肉痛が来るように、その日の過ごし方が翌日に影響するのは明らかですよね。

ですので、その日に何をしたのかを簡易的にチェックするようにしました。

あなたの体調に特に影響する要素が何なのかが判れば、自己管理も楽になりますよね。

メモも記録できます

画面の下半分は、グラフには影響のない、食事の記録とその日のメモを残せる欄もあります。
何を食べたか、何があったかはメモしておきたいですよね。

なぜセルフモニタリングシートを作ったか

復職してすぐは睡眠や食事をとても気にしていたのですが、多少仕事が忙しくなってきたこともあり、自己管理がゆるくなって来たこの頃。
春の上下する気温に身体が対応できず、調子を崩してしまい、1週間ほど会社を休んだり、半日しか出社できない日があったりと安定しませんでした。

そこで、改めて活動記録表を付けようと思ったのですが、よくある24時間制の記録表だと、日中は仕事なので、記録することがありません。

ズボラーの中野さん
面倒くさかったんやろー?(*’ω’*)

そう、正直家に帰って振り返りながら24時間分付けるのが面倒くさかったので、簡単に記録できる本シートを自作しました。

自分で作るなら、と折り込みたかったことがふたつあります。
ひとつめが、体調や気持ちの状態が日々どう変化しているか、文章ではなく可視化させることでした。
もうひとつが、何が体調に影響しているかを知りたい、ということでした。

マメな方なら日記をつけて読み返して、と振り返る作業をすることが出来ると思うのですが、ADHDの傾向があると自覚しているCamonneの場合はそんなことする自信はありませんでした。

ダウンロード

ダウンロードはコチラから。

ご注意

zipファイルにしてありますので解凍してご使用ください。
ウイルスチェックはしております。

また、Excelで作成しておりマクロ等は使用しておりません。が、このファイルを使用したことで何かトラブルが起こってもCamonneは責任を負えませんので、自己責任でよろしくお願いいたします。

ご要望はコメントにて

お使いいただいて、ご要望がありましたらコメント欄からお知らせください。
対応できることは対応するかもしれません。

ズボラーの中野さん
Camonneはエクセル得意らしいでー