ニューロフィードバックとは?ADHDに効果はあるの?

うつの治療方法を調べていた時に知ったのですが、「ニューロフィードバック」という方法をご存知でしょうか?
ADHDの治療法としてアメリカやヨーロッパで研究が進められており、最近ではスポーツ選手も集中力強化に取り入れているのだとか。
どんな治療法なのでしょうか?効果はあるのでしょうか?

スポンサーリンク
広告

ニューロフィードバックとは

ニューロフィードバックとは、バイオフィードバックを応用したものです。

バイオフィードバックは、患者が自分の心拍数や血圧などの数値を見ながら、どのようなときに変動するのかを自覚することでコントロールできるようにしよう、という方法です。

ニューロフィードバックは、患者が自分の脳の動きをリアルタイムで見ることで、自分自身の情動をコントロールできるようにしよう、という方法なんですね。

ゲーム感覚の治療法

治療方法は、電極を頭につけて脳波をリアルタイムで表示しながら、テレビゲームをしているような感覚で、モニター内のネズミなどのキャラクターなどを動かします。

当然、キャラクターを動かすのは手ではなく脳波です。

例えば、リラックスした脳波になるとネズミがひとつチーズを手に入れてゲームが進みます。

効果はあるの?

アメリカやヨーロッパでは、ADHDの子どもたちを対象にした実証研究も行われているようです。

ある実験では、学習ソフトを使いながら、脳の状態を知らされない子供の25%がADHDの症状の改善を示したのに対し、脳の状態を知らされた(=ニューロフィードバック)子供たちの半数が症状の改善を示したそうです。

ただし、検査方法に不備があるとして、その成果への批判もあるようです。

つまり、まだ治療方法としては確立したものではなく、研究中のものなんですね。

ですので、効果の有無はまだはっきりとは判っていません。

治療は高額

日本でも、ニューロフィードバックを受けられる施設もあるようですが、残念ながら保険外ですし、調べた範囲では1回1~2万円程度と高額でした。

一定の効果を得るためには最低週2回を40回以上受けなければならないそうなので、単純に40~80万円かかる計算になりますね。

まだまだ一般には遠い治療方法だと言えますね。

最後に

ニューロフィードバックについて調べていると、まだ研究中ではあるものの、スポーツで自分のフォームを録画して修正していく上達法のように「身体で覚える」ということなんだろうな、と納得出来るな、と思いました。

私の場合、日常に違和感を感じ続けていてそれが何か判らなかったのですが、「ADHD」という疾患を知ったことで、自分の状況を客観的に見ることが出来ました。

朝起きられないと「セロトニンが働いてないんだな」というような感じです。

ニューロフィードバックは、その次のステップで、自分で脳波をコントロールすることを目標としています。

それが可能なのかどうかは専門家たちの次なる研究成果を待つことにして、その視点は面白いし、出来るようになれればなあ、とつい思ってしまいますね。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク