お風呂嫌いが改善するかも!お風呂に入る効果を調べてみた

お風呂が嫌い。短時間で済ませるためにシャワーで済ませる。
そんな人も多いのではないでしょうか。

わたしもそう。
冬でもシャワーで済ませることが殆どでした。

最近は「健康に良いらしい」ということを聞いて、湯船に浸かるようになってきたましたが、今回改めて湯船に浸かることによる効果を調べてみました。

スポンサーリンク
広告

湯船に入る3つの作用

シャワーではなく湯船に入ることで得られる効果にはいくつかあるが、有名な次の3つをここで紹介症と思います。

温熱作用

身体が温まることで、血行が良くなる。
血行が良くなると、筋肉に溜まった老廃物が流れ出しその日に溜まったコリや浮腫みが取れると言われています。

水圧作用

お風呂に浸かると、身体に水圧がかかる。
血管に圧がかかるため、この作用も血行を促す働きをしてくれるんですね。

浮力作用

3つめは、湯船に浸かるとお風呂という小さな(小さくない人も居ると思いますが)器でも浮力がかかります。
浮力は身体の負担を軽くしてくれるので、使っている間全身がリラックスすることが期待できるんですね。

人間関係を円滑にする

お風呂は、人間関係を円滑にしてくれる効果も期待できます。
決して、温泉で裸の付き合いをしろという訳ではありません 笑

どういうことなのでしょうか。

湯船の方が清潔さを保てる

シャワーでも身体を清潔に保つことは出来ますが、湯船の方がその効果が高まります。
なぜなら、湯船に浸かることで毛穴が広がり、詰まった汚れや皮脂を排出できるので、シャワーに比べて体臭を防ぐ、と言われています。

子どもの時、同じクラスでよく日焼けした男の子の肌が突然白くなって登校したことがありました。「弟とお風呂で長い時間遊んでいたらこうなった」そうです。
強烈に記憶に残っています。

普段はどうしていたんだとか家庭環境がどうなんだとか思われる方がいるかもしれませんが、それは今回は置いておいて、お風呂はそれぐらい毛穴を清潔にできるんですよね。

リラックス効果がすごい

最後に、重ねてになりますが、湯船に浸かることはリラックス効果が凄いです。
毎日ゆっくりと湯船に浸かることで、不安やストレスを溜め込まずに過ごせると言われています。

そのわけは、湯船に入ると身体をリラックスモードにしてくれる副交感神経が優位になるから。

副交感神経は、身体の奥の体温が下がろうとするときに活発化します。

湯船では体温が上昇します。
それに対して身体が温度を下げようとするときにリラックスできるんですね。

まとめ

いかがでしたか?

シャワーに比べて湯船に浸かるのは時間もかかるし風呂掃除も面倒だし、嫌いな人は多いかもしれません。

わたしもそうだったのですが、立ちっぱなし、冷えっぱなしのシャワーに比べて、湯船にゆっくり浸かって汗をかきその汗を流すつもりで身体を洗った方が疲れない、ということに最近気が付きました。

リラックスできていると睡眠の質も良くなると言われています。
1日がんばった自分自身を癒すためにも、ゆっくり湯船に浸かってみるのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク