一週間お風呂に入らなかったわたしが実行する面倒なお風呂への対策8つ

こんにちは、お風呂が面倒でお風呂のない世界に行きたいCamonne(カモンヌ)です。
そんな夢を持っていますが、かなわないのは判っているので、どうにかして、お風呂に入りたくなる方法を探しています。

いろいろ試行錯誤してる経過はコチラからどうぞ

以前はお風呂(シャワーも含む)に1週間入らないことも有ったのですが、最近は改善されてきました

Camonneにとって、お風呂は入らなきゃいけないけど面倒くさいものでしかありません。
いかにして「お風呂の面倒くさい工程を省くか」を毎日真剣に考えています。

これまでいろいろ試してきて、Camonneなりに効果のあった工夫をいくつか紹介させていただきますね。

スポンサーリンク
広告

帰宅してすぐに入浴する

一旦ゆっくりしてしまうと、お風呂に入るためにスイッチを入れなければならなくなります。そのスイッチは不良品かと思うぐらい重い日がありますよね。

ズボラーの中野さん
Camonneは毎日だよ~

スイッチをOFFにしないために、帰宅したらすぐに入浴する様にしました。室内着に着替えるタイミングでお風呂に入ってしまうんですね。

お風呂が沸くまでは、洗濯物の片付けやごはんの準備など、座らない家事をするようにしています。
考える隙を作らないようにしています。

このときにPCを開いたらどっしり座ってしまうので、もうその日はお風呂には行きつきません。

下着は風呂場に干しておく

お風呂に入ると下着を替えます。替える為の下着を準備するのがわたしは面倒なので、洗濯後ピンチハンガーに干して、そのまま脱衣所に干しておくことにしました。

お風呂から上がるとそのままそこから取って、身に付けるんです。

下着を畳む→引き出しに片付ける→引き出しから出す、のプロセスを省きました。

脱衣所に干して乾くのか、と心配される方も居るかもしれませんが、下着(パンツ)程度だと、1日あれば十分乾くと思います。

湯船に浸かる

お湯が勿体ないからと、以前はシャワーばかりでしたが、最近は湯船に浸かるようにしています。

湯船に浸かると汗をかきますよね。

汗をかくと頭も痒くなり、頭を洗いたくなるので、洗髪のモチベーションにしています。

体は洗わない

最近知ったタモリさん式無洗入浴法。早速実践していて、顔と頭と匂いの強い部位以外はわざわざ洗わないようにしています。

これはかなり気が楽で、お風呂に入る抵抗が弱くなりました。

泡タイプの洗顔料を使う

ノズルから泡で出てくる洗顔料に替えました。
そして、顔だけではなく、石鹸で洗いたい身体の部位(ワキ、足、股間)も洗顔料で手で撫でるように洗っています。
洗顔料は顔の皮膚に合わせて優しい成分で作られている(と信じている)ので、悪い影響はないと思います。

ちなみに、スキンケアも安いワンステップのものに替えたのですが、肘や膝、踵などの保湿もそれを使うようにしています。楽チン!

リンスインシャンプーを使う

洗髪も女性だとシャンプーからコンディショナーやトリートメントとプロセスが多くなりがちですよね。
リンスインシャンプーだとそのプロセスは1回に省略化できます。

ただ、Camonneはリンスインシャンプーで洗い上がりが満足なものを見つけられていないので、2回に一回はコンディショナーを使っています。

風呂イスを使う

単身生活の狭い風呂だからと、風呂イスはずっと使っていませんでしたが、使うととてもお風呂ライフが楽になります。
無駄な体力を使うことはありません。

今から新しく購入するならば、大きめの椅子をぜひ選んでください。そして、凸凹の少ないもの。カビが生えにくいそうです。

まとめ

いかがでしたか?

お風呂が面倒だ、嫌いだと思う理由一つ一つを紐解いて、これならできるかも、と思う方法を真剣に考えて探してきました。
どれかひとつでもあなたのお役に立てると嬉しいです♪