読書ライフにまつわるおすすめサービスをまとめてみた(3)~古本を購入する方法!

中古でもいいから安く買いたい、絶版になっているけど読んでみたいなど、古本を活用するメリットも多いですよね。

今回は、古本を購入するにあたって便利なサービスをまとめてみました。

スポンサーリンク
広告

読みたい本が決まっていないときは古本屋

読みたい本が決まっていないときは、新刊書店と並行して古本屋をブラブラすることをお勧めします。
ブックオフも良いですが、昔ながらの古本屋にもお宝が眠っている場合があるので見過ごさないようにして下さい。

古本屋をオススメする理由は以下の3つ。

安く買える

当然ですが、同じ本を古本屋だと新刊を売っている書店より安く購入することが出来ます。

知らない本と出会える

新刊を扱っている書店と古本屋では、カバーしている本の種類が異なります。
古本屋は最近売り出した本から十年以上前のヒット本、絶版本なども売っており、目にする本の種類が違いますよね。
それだけ、本を選ぶときに幅を持たせることが出来ます。

前の持ち主との接点

古本は、書き込みのある本に出合うことも有ります。
そういうとき、前の持ち主はなぜここに線を引いたのかな、という思いにわたしは耽ったりします。
読み方の違いに気が付くことも有りますよね。
書き込みがあることは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、そういった楽しみ方もあるんですよ。

読みたい本が決まっているときはネットを活用

古本をネットで買うときもいろいろコツがあります。

古本を買うときはまずAmazon

どの本が欲しい、と決まっているとき。
古本としていくらぐらいが相場なのか気になりますよね。

そんなときは、とにかくAmazonです。

Amazonマーケットプレイスの値段を確認して、概ねの相場を知っておきましょう。

当然購入するときもAmazonは使えます。
送料が追加でかかりますが、本も見つけやすいので決まった本を購入するときはとても便利ですね。

ヒットしている本はオークションもチェック

ヒットしている本は、流通量も多いので、オークションやフリマアプリをチェックすることもお勧めです。
個人が格安で出品されていることも有りますよ。

入荷を知らせてくれる便利なネットオフ

古本は、欲しい本がどこにあるのかを探すのが大変ですよね。

読みたい本が決まっているときは、わたしはネットオフを利用しています。
該当の本が入荷したらメールで知らせてくれる「入荷メール」サービスが便利です。

値段も事前に判るので、Amazonと比べてみて安い方を選ぶこともできますよ。

ネットオフ 日本最大級のオンライン書店 書籍在庫100万冊!



古本をうまくつかってお得に読書ライフを楽しもう

前回は、新刊をいかにお得に購入するかを記事にしました。

今回は、古本でお得に読書を楽しむ方法をまとめてみました。

興味のある本を買い続けていると、積もり積もった費用は馬鹿になりません。
古本をうまく活用して、読書を楽しんでいきたいですね。

おまけ:本を処分するとき

本はいつか本棚からあふれてしまいます。

そんな時は古本屋で売っている、という人も多いと思いますが、わたしは最近はバリューブックスを活用しています。

5冊から送料無料なので、少量でも家から発送することが出来らくちんです。
専門書だと割と高く買い取ってもらえるので、そこも嬉しいところです。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク