頭が忙しいADHDの人にこそ、ブログのすすめ

ブログを書き始めて45日ほど経ちました。
少しずつ良い変化を感じることが出来るようになってきました。

是非、ADHDで悩むあなたがまだブログを始めていないなら、ぜひ試して頂きたいです。

スポンサーリンク
広告

ADHDの人は閃きがたくさん

ADHDの人の脳は「ひらめき脳」と言われることも有るぐらいですが、ついいろいろ考えませんか?

それらのほとんどが、浮かんでは消えていきます。
疑問でも答えまで辿り着かずに問うた内容すら忘れてしまいます。

時にはその無数のひらめきが集中を邪魔してしまいますよね。

答えを求めなかったひらめきに行動力を与える

せっかくのひらめきを、活用してみませんか?

 答えが必要ないひらめきに、答や実態を伴わせるようにしてみましょう。
1日に1個で十分ですので、キーワードをインターネットで調べたり、本を読んだりしてみてください。

勉強することで、今まで漠然と考えていたことに答えや方向性が出てきます。

たとえば「最近、寝つきが悪いな~」という考えごとから、「なぜ、寝つきが悪いんだろう?」「寝つきが悪いってどういうことなんだろう?」「どうすれば寝つきがよくなるんだろう?」と色々な疑問に変わっていきます。

その疑問の答えを調べたりしていくのです。

ただ調べるだけでは続かないので、ブログにするんですね。

ブログにする意味

なぜ日記じゃなくてブログにするのでしょうか?

それは、ブログにすることで、人に読んでもらう文章にする必要が出てきます。
その人に判って貰えるように、分かりやすく書かなければなりません。

分かりやすく書くために、理解して、噛み砕いて言葉にする過程で、あなたの脳に調べた内容が定着するようになります。

毎日続ける意味

習慣に変わるまでは66日必要なのだそうです。
まだそこまではたどり着いていませんが、毎日続けることで、気づいたことがあります。

時間の使い方が変わった

わたしのように慣れてない人が、毎日一記事を書くのはなかなかタフな作業です。
書く行為もですが、書くための時間を確保するのが大変です。

わたしは最近は仕事から帰ると殆どの時間をブログに費やしています。
これまではゲームをして衝動的に課金したりしていたので、随分と生産的な時間を過ごせるようになりました。

ただ、わたしのように毎日である必要はないかもしれません。
気楽に続けるのも楽しいと思いますよ!

苦手と得意を組み合わせた

わたしは継続が苦手ですが、PC作業は得意で、苦になりません。
だからこそ、ブログをこれまで毎日書くことが出来たと思います。

逆に、文章を書くことが苦手なので、書きたいことがあってもうまく言語化できずにモヤモヤしてブログ記事にならないものもあります。

得意なことに苦手なことを組み込んでいるので続けられていると思います。

頭の忙しさが改善した

ブログを始めてから、無意味に頭のなかをグルグルする思考が収まってきました。
以前はそのお陰で、入眠剤を飲んでも寝付けなかったにも関わらず、です。

わたしのこのブログは悩みごとを毎日一つずつ解決しているようなものなので、悩みが少なくなってきたからだと思います。

スポンサーリンク
広告
広告

フォローする

スポンサーリンク