うつ休職から復職後3ヶ月経過~ワーカホリックだったわたしが会社員として思っていること

1年半ほどうつで休職をしていました。
数か月で一旦復職したのですが、1か月程度でまた起き上がれず出社できない状態に。
2度目の休職は1年を超え、ようやく3ヶ月前に復職となりました。

2度も、しかもこんなに長期休むのは流石に心苦しく、もう後はありません。
今回復職に失敗したら退職しなければ、と考えています。

3カ月たってどんな調子で何を考えているのか、まとめておこうと思います。

スポンサーリンク
広告

割と体調は良い

しっかりと休養したことも有り、心配していたよりも体調は良いです。
当然常に絶好調ではないのですが、うつっぽい感じはほとんどなく、且つ体調の良い悪いの波が浅く収まっています。

徐々に体力は戻る

復職して1ヶ月間は短時間勤務でしたがそれでも体力的に辛かったです。

実は1度目の復職は短時間勤務中に体力不足と思い込みのプレッシャーでひとりで潰れてしまいました。
その時期を乗り越えられたことは、かなりの自信になっています。

残業禁止はパラダイス

しばらく会社側から残業禁止と言われており、定時で退社をしています。
休職する前は残業が当たり前だったのですが、定時通りに帰宅すると平日に病院にも行けるし、習い事にも行けるし、用事を済ませられることに驚き喜んでいます。
なぜ、あれほど「残業しなきゃ」と思っていたのか、今ではもう判りません。

通勤ルートを変えたことも大きい

遠回りになるのですが、以前とは違う通勤ルートにしました。
以前のルートは混雑に身を任せる感じだったのですが、今のルートは文庫程度なら読める余裕さ。電車の混雑がマシなんですよね。

休職する直前は気持ち悪くなって通勤途中の電車を降り会社を休んでしまうたことが度々あったので、この判断は良かったと思っています。

会社員という立場に対して思うこと

会社に居られるなら居続けた方が良い

うつになった原因がパワハラなど会社が直接的に関係しているものでなければ、居られるなら会社に居続けた方が良いと思います。

転職するにしても、うつで休職したと正直に言うと採用されづらいでしょうし、もし黙っていてうまく採用されたとしても、社会復帰のタイミングで全開で仕事をしなければいけなくなります。
後者はバックアップもないので、大変な自己管理を求められることになります。

確かに、長期間休職した後会社に戻るのはとても気まずいです。
体育会系の会社だからかもしれませんが、以前は仲良く声かけてくれた人に冷たくされることも正直有ります。

でも、自分の人生を守るためなら、厚顔無恥になることも必要なのではないでしょうか。

なぜ会社に属するのか

残念ながら、会社の王道のキャリアの道は外れてしまったし、キャリアアップしたいという思いは正直消えてしまいました。

3ヶ月経過して、わたしにとって会社に属する意味は、以下の2つだと感じています。

  • お金を得るため
  • 生きる技術を学ぶため

やはりお金は大事

お給料は当然必要なのですが、傷病手当をもらい生活してたことを考えると、特に社会保険の重要さが身に染みています。

給料から天引きされていることは分かっていますが、年金、健康保険等の手続を自分ですることを考えたらこれは会社員の大きなメリットであることに、今更気付きました。

学びの場であること

2点目は、会社という社会をどう捉えるかですが、今は、複雑な人間関係を「学ぶ」場であると感じています。

休職中好きな人にしか会わない・好きなことしかしない状態で穏やかでしたが、付き合いのは幅を狭まり刺激の無い日々でもありました。
居心地は悪くなかったのですが、世界が狭くなっていることを感じたことも事実です。

身体が整ってくると、ちょっと物足りない。

面白い人に出会いたい。
出会うためには社会に出なきゃならない。

社会に出てやっていくためには、苦手な人間関係も最低限こなさなければならない。
その為に会社で学んでいると思えば、多少面倒くさいことに巻き込まれてもゲームのような気がしてくるから不思議です。