お風呂嫌いに朗報!美肌効果もあるらしい「楽ちん」タモさん式洗わない入浴法!

こんばんは。
お風呂が嫌いなCamonneです。冬場だと2日に1回でも許されますが、毎日入らなければならない季節になってきたので気が重いです。

日々いかに楽してお風呂を済ませるかを考えているわたしは、超オススな入浴方法をとうとう見つけました!

それはタモリさん式の「洗わない入浴」です。

スポンサーリンク
広告

タモリさん式「洗わない入浴」とは?

タモリさんは、石鹸やシャンプーを使わない入浴をしているそうです。
それでも、業界では美肌で知られているのだとか。

どんな入浴方法かというと「10分以上湯船に浸かる」だけ

湯船に浸かることで、汚れがふやけて流れ落ちるんですね。

お風呂が嫌いな人の中でも、「洗う行為が面倒くさい」という人が多いと思うのですが、この入浴方法だと「洗わないことが正解」なんですよ。

ズボラーの中野さん
ちょっと、良いでしょ?

石鹸は使わない!

石鹸には界面活性剤という成分が含まれています。

この成分は汚れを浮かせて落としますが、本来肌に必要な皮脂も取り除いてしまいます。実は、皮脂は肌を守ってくれるバリアの役割があるんですよ!

タモリさん式入浴法では、タオルに石鹸をつけてゴシゴシは×。
代わりに、お湯の中で肌を撫でるだけ。汗や垢は十分に洗い流せるそうです。

匂いが気になる部分は手で丁寧に撫でて汚れを落としてあげるだけです。

お湯で汗と汚れだけ流れ落ち、皮脂や本来肌にあるべき常在菌を残すことができて、美肌に繋がるんですね。

ズボラーの中野さん
スキンケアなしでお肌ツルツル!?

顔もぬるま湯でパシャパシャするだけ

顔も基本的にはぬるま湯でバシャバシャと汚れを洗い流すだけ。
湯船に浸かった後だと、身体が温まって顔の毛穴も開いているので、汚れが落ちやすい状態になっています。洗顔料は不要です。

ただし、女性でメイクをする方はクレンジングは必須です。クレンジングは界面活性剤なので顔を洗った後は保湿をした方が良いそうですよ。

髪も湯シャンが良い

一番気になるのが頭皮や髪かもしれません。

当然、頭髪もお湯だけで汚れを洗い流す湯シャン=お湯シャンプーという方法があります。タモリさんを始め、福山雅治さんやYOUさんも実行されているのだとか。

石鹸と同じくシャンプーにも化学成分である界面活性剤が多く含まれていて、毛根に悪い影響を与えて薄毛の原因になっていることもあるそうです。

湯シャンのコツは、シャンプーの前に100回ブラッシングすること。汚れを取り除きつつ、頭皮の皮脂を髪に伸ばして、髪を保護する効果が期待できるんだとか。

ズボラーの中野さん
気になるけど100回ブラシはしんどいなー。

まとめ:10分間湯船に浸かる

タモリさん式入浴法をまとめると、以下の通りです。

  • 10分間湯船に浸かる
  • 石鹸やシャンプーを使わない

お風呂が億劫で仕方がないわたしですが、最近「湯船に入ること」には抵抗が無くなってきました。

身体を洗ったりお風呂の後のスキンケアはまだ面倒くさくて、サボってしまうことも多いですが、タモリさん式入浴法ではそれが正しいとのこと。

デメリット

お風呂が面倒で嫌いな人には、願ってもない入浴方法ですが、少し、デメリットも考えてみようと思います。

ひとつは、湯船に10分間浸かり続けるのは手持無沙汰になってしまうこと。

お風呂で出来る何かの時間に充てると良いですね。

瞑想するのも良し、歌を歌うのも良し、本を持ち込んで読むのも良し、高速音読で脳トレをするのも良し。
わたしはジップロックに入れたipadを持ち込んでもっぱらyoutubeを観ています。

もうひとつは、浴槽が汚れやすくなること。湯船の中で垢を落とすことが前提なので、従来の方法より浴槽に汚れが付きやすくなりますね。

わたしは普段から湯船の垢取りをしてくれるアカパックンを愛用していますが、こういったアイテムを使うと風呂掃除が楽になるかもしれません。

いかがでしたか?

わたしはしばらく試してみようと思います。またご報告しますね!

ズボラーの中野さん
がんばりやー。