お風呂は疲れるから嫌いな人へ:お風呂場での楽な体勢教えます

最近タモリさん式の無洗入浴を試しているお風呂嫌いのCamonne(カモンヌ)です。

お風呂って疲れますよね。だから嫌いな人も多いんだと思います。
なぜ疲れるのでしょうか?

暑くて汗をかくことも一因ですが、意外と気付かないのが無理な体勢も原因です。

無意識のうちにとっているお風呂の最中の、良い体勢と悪い体勢について調べてみました。

スポンサーリンク
広告

お風呂での体勢が重要な理由

お風呂は疲れが取れる、と漫然と思っていませんか?

お風呂で癒されるのは、副交感神経が活発化するからです。
ところが体力的には、熱いお湯に刺激され汗をかき、洗髪の為に腕を上げ続け、シャワーを浴びる為立ちっぱなしになり、湯船に浸かると水圧がかかり・・・と決して楽な作業ではありません。

子どもの頃から毎日のように入るお風呂だからこそ、変なクセがつき、無理な体勢のままお風呂に入っているかもしれません。

毎日入るからこそ、身体に負担はかけたくないものですよね。

立ってシャワーを浴びているときの姿勢

立ちながらシャワーの体勢

①シャワーが低くて前傾姿勢→これはダメ!

立ってシャワーを浴びているとき、背中が曲がっていませんか?

シャワーが低いときにこの姿勢を取りやすく、とても背中・腰に負担がかかります。

特に、シャワーヘッドを手に持って洗髪するとき、手を上げ続けるのがしんどいですよね。だから、段々と手が下がり、シャワーヘッドも下がってきます。
また、人は無意識のうちに顔が濡れるのを嫌がります。
それらに伴って、背中が曲がるんですね。

②シャワーを後ろから浴びる→これがオススメ!

(1)が体に負担がかかりやすい、ということは、背中を伸ばせばいいんです。

そのために、シャワーヘッドを手に持たず壁にかけて、後ろを向いて後頭部からシャワーのお湯が当たるような立ち位置にすればいいんですね。

ズボラーの中野さん
そのために引っ掛けるところが2か所あるのねー。

座って身体を洗っているときの姿勢

座ってシャワーの体勢

③低い椅子で前傾姿勢→これはダメ!

椅子が低かったり小さくて不安定だと、身体が強張り余計な力が入ってしまいます。
また、ここでも問題は、背中を曲げてしまいがちであることです。

④高くて大きい椅子で背筋をまっすぐ→これはおススメ!

お風呂場の椅子は、安定感のある大きくて座面の高い椅子を使うと良いですよ!
背中が伸び、丸まりにくくなります。

湯船に浸かる体勢

湯船に浸かる体勢

⑤後頭部で上半身を支える→これはダメ!

お風呂はリラックスできる場でもあるため、身体をどこかに預けたいですよね。
そんな時、お風呂が狭いからと、三角座りで後頭部を壁につけて、上半身の体重をすべてそこに集中させていませんか?

その体勢、腰の他に、ストレートネックのリスクも高まるそうですよ!

⑥首の後ろで頭を支える体勢→これはイイ!

⑤の様に、後頭部で支えるのではなく、首の後ろを浴槽の縁に置いて頭部の重さを預けるのは良いそうです。
浴槽の縁が低かったり安定しない場合は、タオルを丸めて置くか、バスピローを使うと良いですよ。

⑦できるものならやってみたい浮遊浴→これはイイ?

お風呂好きの人たちの間で話題になっていたのは、浮遊浴と呼ばれるものでした。
プールで泳がずにぷっかりと浮いてみる体験をしたことはありませんか?
そのような感じで、全身を浮力に任せて浮いてリラックスする入浴方法です。

わたしも試してみましたが、すぐに沈みました。鼻に水が入るので注意してくださいね。苦笑

ズボラーの中野さん
勧めてええんか?

背中と首を浴槽にもたれさせる→これが最強!

湯船につかるときは、やはり自分で自分の身体を支えるのではなく、浴槽などに体重を預けるのが正解です。
そのとき、三角座りで前傾になるよりも、後傾して上半身の重さをおしりと背中の面と首の後ろ側の点とで支えた方が体には良いです。

なんといっても、疲れません!

まとめ:お風呂場でも背中をまっすぐに維持しよう

簡単にまとめると、入浴には背中を丸めた前傾姿勢になりやすい状況が多いです。
ですが、その体勢は腰や背中に負担がかかり、それでは身体が疲労してしまいます。
疲れを取りたいお風呂で、更に疲れている状態は避けたいですよね。

疲れない為にも、背中をまっすぐに伸ばすことを意識しましょう。
また、湯船の中では、背中をもたれさせることが大事です。

Camonneの家の風呂は狭く三角座り必須で、更に浴槽の側面は垂直なので角度的に背中でもたれるのは難しいです。
そんなときにタオルを首の下に置く方法はとても楽ちんで驚きました!
同じ役割をしてくれるバスピローは可愛いかったりスマートだったりいろんなデザインのものが売られていますので、お風呂で疲労を感じている人はぜひ試してみてください!