ADHDかもしれないわたしのうつ闘病~引きこもった中期

実は2回休職しており、1回目は数か月で復職しました。
ですが体力が持たず休みがちになり、何日か連続して休むとそこで心は折れ、再度休職状態になりました。

状態が良い時と悪い時の波があると思いますが、良い波のときに復職の話になったのですがその後悪い波に入り、会社でストレスにさらされたことで、ひどいうつ状態に陥ったのだと考えています。

寝たきりの状態から改善してくると一旦ひどい生活になりました。

出かける元気はあるのに、「引きこもり」状態でした。

スポンサーリンク
広告

崩れた睡眠リズム

朝起きて夜寝るという生活は意識していました。

ところが、夜どうがんばっても寝られないことも多く、(今から思えば、眠いのに頭がグルグルして寝られない、というADHDの症状だったな、と思います)

睡眠リズムはボロボロでした。

外に出るのが億劫

とにかく外出するのが億劫でした、

特に、日中ブラブラしていると「仕事していない」と思われる、と思い込んでしまい、気が引けて元気なのに出られませんでした。

夜暗くなってから近くのコンビニに行くことだけが外出でした。

極限までだらしない生活

 外出しないと、身繕いが雑になっていきます。
もともと面倒くさがりでお風呂や歯磨きは嫌いですが、その欲望のまま、お風呂も入らない歯磨きもしないまま何日も経っていました。

長いときは7日間ぐらい続いたのではないかと思います。

適当な食事

食事は摂らないか、摂ってもコンビニのお弁当でした。
たまにコンビニに行くことすら億劫で、デリバリーを頼むことも有りました。

家でしていたこと

「うつ」という病名に、「もう何をやってもむだだ」といったネガティブな感情に征服され、自らを律する努力すらしない、できない日々でした。

家で何をしていたかというと、

  • ゲーム
  • デイトレード
  • ネット動画

をしていました。

ゲーム依存

ゲームは時間がたつとライフが復活するもので、ゲームに支配された生活でした。

期間限定のクエストを制覇する為に24時間起きたりしていました。

大きな額ではありませんが、当然、課金もしていました。

トレード依存

これもよくあるパターンなのではないかと思いますが、株と為替のトレードしていました。

休職する前はたまにやる程度だったのですが、休職して会社を辞めることも考えていたため、「デイトレード」に挑戦しました。

ほぼ素人なので負けるのは当然なのかもしれませんが、ゲーム同様トレードをしていないと落ち着かないような状態になってしまい、ひたすらトレードをしていました。

ネット動画

動画をただ流していました。

テレビでもいいじゃないかと思われるかもしれませんが、当時の私にはうるさすぎた上、内容も押しつけがましいと思って、ニュース以外は見る気になりませんでした。

ただ部屋が静かだと耐えられないので、youtubeやニコニコ動画など、ひたすら動画を流していました。
私にとって無干渉なゲーム動画を好んで見ていました。

この時期には戻りたくない

ゲームが悪いわけでも、トレードが悪いわけでも、動画が悪いわけでもないのですが、この頃には絶対に戻りたくないです。

傍から見ると、「気楽な生活をしやがって」と思われて当然なのですが、自己の内部では諦めと葛藤が常に渦巻いており、苦しい時期でした。

ちなみに、このときはまだ「ADHD」という病気について、詳しく知りませんでした。

ADHDと気付くまでの半生はコチラから♪

ADHDかもと気付くまで
幼少期から三十代前半、ADHDかもと気付くまでの生活をまとめました。