夜お風呂に入ると目が醒めてしまって寝付けない!原因と対策は?

一日の疲れを癒すために、夜、寝る前にお風呂に入る方は多いですよね。

ただ、夜お風呂に入ると疲れているはずなのに目が醒めてしまい、逆に寝付きが悪くなる、という経験はありませんか?

夜入らずに朝入るようにしても、汗を掻く夏は気持ち悪いですよね。

疲れているはずなのに、なぜ目が覚めてしまうんでしょうか?

スポンサーリンク
広告

眠りのキーポイントは体温

まずは、眠りの仕組みを簡単に説明します。

ヒトは夜になると眠る習性があります。
日中活動して疲れた体を休ませるため、ですね。

実はヒトの身体は、夕方から夜にかけて体温が上がり、眠ると同時に体温が下がる仕組みになっているのだとか。

体温が下がることで基礎代謝が低下し、脳や内臓が休めるのです。
動物の冬眠に似ていますね。

寝付けない方は体温が下がっていないことが考えられます。

つまり、身体の仕組みに倣って、「体温を下げて」あげると眠りが訪れやすいことになりますね。

アツいお風呂とぬるいお風呂の違い

実は、お風呂の温度に「目が醒める」原因があるそうですよ。

熱いお湯とぬるいお湯、どちらが好きですか?

41℃以上の熱めのお風呂は汗をかいて気持ちいいですが、身体の表面から急激に体温が上昇します。

体温が上がり過ぎてしまい、血圧が上昇し、活動モードの交感神経が優位になります。
こうなると目が覚めてしまうのだそうです。

逆に、体温より少し高めの38~40℃ぐらいのぬるめのお湯だと、ゆっくりと身体の内部まで適度に温まることができます。
リラックスできますよね!

ぬるめのお湯だとお風呂から上がった後も、温度差も小さいので、ゆっくりと体温が下がります。

このときに、「眠気」がやってくるんですね。

熱いお風呂派だけど、目が醒めない対策はないの?

熱いお風呂が好きな方は我慢せずに、就寝時刻の2~3時間前に入ると良いそうですよ。

家に帰ってきてからすぐ、食事の前にお風呂に入ったりしても良さそうですね。

入眠儀式を習慣化しよう!

お風呂の温度や時間をコントロールするのと同時に、「入眠儀式」を意識してみましょう。

入眠儀式とは、就寝直前に必ず行うルーティンのこと。

本を読む、や、お茶を飲む、など刺激にならないことであれば何でも構わないそうです。

スマホやPCなどは刺激が強くて交感神経を活発化させてしまうので出来れば避けた方が良いですね。

ADHDかもしれない私も目が醒める

実は、書いている本人も夜お風呂に入ると頭が冴えてきて眠れなくなる派です。

ゆっくりお風呂に使うと、「頭の中が忙しく」なり、答えのない考え事や妄想ごとが止まらなくなってお風呂から出られなくなるのです。

更に、風呂上がりの化粧水やドライヤーなど、美容タイムがどうしても必要なので、その間にテンションが上がってきて、やっぱり眠くなくなるのです。

睡眠リズムは死守したいので、最近はもっぱら朝にシャワーを浴びています。

でも、汗を掻いた体で布団の中に入ることに抵抗が無い…わけではないんですよね。

今回、「風呂の温度をぬるめに」ということを知ったので、試してみたいと思います!