夜頭が冴えてしまってなかなか眠れない人におススメの香りとその理由

疲れていて眠いのになかなか寝付けないのは非常に辛いですよね。
そんなときにおススメの香りを見つけたのでその理由と共にご紹介します。

スポンサーリンク
広告

眠れない原因は交感神経

眠いのに眠れない…とても苦痛の時間ですよね。

眠れない原因は、交感神経が優位になっているからと考えられます。
交感神経は、興奮や緊張をもたらします。
血圧も上がっている状態です。

ストレスや悩み事などで、本来は休むべき時なのにも関わらず脳が動いてしまっているんですね。

香りの力を借りよう

眠れないとき、お酒を飲んだりする方も多いかもしれませんね。

薬に頼る方もいることでしょう。
わたしも寝付けないときは入眠剤を用います。

ところが、薬に頼りたくないときもあると思います。
そんなときに香りは強い味方になってくれます。

ラベンダーが身近でお勧め

フローラル系の優しい香りのラベンダー。
ラベンダーの香りがする安眠グッズも多いですよね。

実は、ラベンダーの精油(エッセンシャルオイル)はその安眠効果が科学的にも証明されており、日本人の大学生を対象とした実験で、その香りを嗅ぐことでより深い睡眠が取れたという結果があるそうです。

最近では、医療機関や介護施設でも使われているそうですよ。

ラベンダーに含まれる安眠成分

ラベンダーの精油には「酢酸リナリル」と呼ばれる成分が含まれています。
この成分が高い鎮静作用を持ち、交感神経の高ぶりを抑え、不安を和らげてくれるのだそうです。

更に、気持ちを安定させるセロトニンの分泌も増やす作用もあるのだそうです。

精油は専門店で購入しよう

少し話は変わりますが、精油は専門店で買うようにしましょう。

「ラベンダー」のアロマオイルは100円ショップでも売っていますが、酢酸リナリルは含まれない可能性があります。

「アロマオイル」にも品質は様々あるとのこと。
良い物を選びたいですね。

他のお勧めの香り

ラベンダーの他にも、酢酸リナリルを含む香りがあります。

そのひとつが「クラリセージ」。
ほのかな甘みを含んだ香りがします。

女性に嬉しいことに、クラリセージに含まれるスクラレオールという成分が女性ホルモンに似たはたらきをしてくれるのだとか。

もうひとつが「プチグレン」。
爽やかで控えめな柑橘系の香りです。

香りはどうしても人の好みがあります。
いくつか試してみて、自分にあった香りを見つけたいですね。